明日は来るか?

PCはハードディスクの交換やなんやらで・・・26,000円ほど掛かるらしい。
5年間保証とかなんとか・・・あんまり意味ないの???
というわけで、毎日会いに行ってる・・・あの子やこの子
今週もしばし・・・お別れです。来週まで元気で待っててね~~~~



で・・・本日は 土佐のタワゴトを・・・。


土佐の住む所は 明後日 2月10日 に市長選があります。
全国ネットのニュースでも やっているので ご存じの方もいらっしゃるかな?
米軍機乗り入れ・艦載機移駐問題で 揺れに揺れております。

昨年末 辞職され 今回出直し選挙に立候補されている 前市長。
初当選は8年前でしょうか?  生まれ育った土地ではありますが
それまでの市長って  いわゆる “ちょっと 胡散臭い エネルギッシュな 爺様” 的な
方が多かったので、その時の選挙は結構 新鮮でした。

3名立候補した人物は 3人とも同年代の 同じ高校出身。
かつて同時期に同じ学舎に通っていたような方達だったので
結構 各学年での 同窓会後援会が 票集めに対立していたな~。
そして、2人が東大法学部、1人が京大(法学部?)だったかな。
2人の東大のうち 1人が前市長で 残る1人が 現・民主党衆議院議員の
平岡氏。(市長選に敗れた後すぐに参院戦で中央進出、その後 衆院戦へ)
そして3名共に 中央省庁役人経験者。

こんな田舎で こんなエリートが 3名も揃って 立候補するなんて
我が町・・・まだまだ捨てたもんじゃないな・・・と思っていました。
(ちょっと、もったいないな・・・順番で出たら?なんて幼稚なことも・・・)
めでたく 草の根運動で前市長が初当選。その後の任期満了後の選挙でも
圧勝でした。  このころから地元 商工会&保守系の方々は不満満々でしたが。

様相が一変してきたのは 艦載機乗り入れ等の 米軍基地再編問題が
具体化して来た頃から。  時期はちょうど 平成の大合併 で我が故郷も
周辺町村との合併を控えていました。 合併後すぐに市長選 半年遅れて
市議会戦という 順番でした。

当然 地元経済界は 力が入ります。冷えてきた景気を暖め直す起死回生!!
しかし・・・いかんせん前市長の人気が高すぎる。。。特に主婦層。
な!もんで 日頃偉そうに講釈たれてるオヤジどもも なかなか 『私が!!』
という方がいない。  いても・・・廻りから止められるタイプ
そんな中名乗りを上げた方は・・・・仕事上の お付き合いで紹介うけましたが
なんとも、、、はや、、、う~ん。熱意と若さは買いましょう。って感じの

     超!!ド素人   あんちゃん   でした。

結果は素人ながら 良くやった   と言えるかもしれませんが

         惨敗  !! 

私は どちらに入れたか?ですけど。    ズバリ!!

      素人 あんちゃん   です。

何故なら、前市長の市長選 一ヶ月前に行われた 民意を問うという
大儀を翳した  住民投票  が許せなかった。

民意を聞くなら、わずかな日数で 新市民 になる旧町村の民意も
聞くべきだったし  何より 民意の選択肢が

  賛成  or  反対  しかなかったから。

あのときの市民の気持ちは (土佐の勝手な思いこみかもしれませんが)

 ・利権絡みで利益を受けられる人・・・・・・諸手を挙げて 賛成!

 ・一番近くで騒音を我慢する地区の人  または 思想として平和を乱すモノは
  どんなモノでも  ’NO’ な人 ・・・・・・絶対 反対!

この二つとは別に

 ・うるさいのは困る 安全も保証されなくては・・・でも生活していかなくちゃ

っていう 第三の 気持ちが絶対にあったはず。
だから 条件によっては賛成 という項目は絶対外しちゃ駄目だったと
私は思った。 そんなことを言うと 条件で人間としての尊厳を売るのか とか
岩国って民意が低いのね・・・とか 究極のことをいう理想家が 世には多く
イラっさいますが・・・所詮、庶民っす!!

        ご大層な大儀より 日々の暮らし

        遠い未来より  身近な将来


これを大切にして何が悪いんですかね? よその地域の方は
自分の暮らしより 世界平和が 家庭の中心思想なんですかね???
(もちろん、そういう方も イラっさることでしょう・・・)

この田舎町は 田舎のくせに 大企業が多い。 市民の半数 以上は
市の財政より 原油の価格 円の高低 のほうが給料に響く家庭だと思います。
実際に市の財政難で公共工事が減り すぐに困るのは地元中小企業。
大企業の工場が多いこの市では  市の財政ピンチを肌で感じる家庭は
少ないのか、 それより老後・子育てに より良い環境を 求めてしまう。

今回、国の まさかの 兵糧攻めで 多くの市民が 自分たちに関係のある
大事な事柄だったんだと 気づいたことが前回にない関心の高さになっているのでしょう。

2年前の住民投票で目先の市長選の結果ばかりに囚われないで
“第3の選択肢” さえ入れておけば 前市長もここまで孤立せず
また、自ら辞職せず 民意の結果という大儀において 国と歩み寄るチャンスが
あったかもしれないのに・・・そう思うと重ね重ね残念です。

なぜなら   人として 正しいのは   前市長  だから。

このような数年を過ごしてきた 我が町の明日を決める結果が 明後日 
出ます。。。。どうなるんでしょうね。
多くの市民が迷っていると思います。どちらも正しい。そして どちも間違っている。
究極なことを言えば  そんな 戦闘機持ってる国が間違ってる ってことに
なっちゃいますよね。世界平和か 我が家の平安か・・・。ああ~、むつかしい。
今回 土佐は 誰に入れるんでしょう。
多くのことに目を瞑り 大人の選択をするのか・・・
人間として忘れてはならい大事なものを守るのか・・・。
自分でも決めかねています。 こんな問題 振ってくんなよ    国!!
  画像 001
     我が愛すべき 故郷に幸あれ!!






スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。